新撰字鏡

『新撰字鏡』とは南都の僧・昌住の『新撰字鏡』12巻は、昌泰年間(898-901)の成立である。完本と抄録本の2系統が知られる。「天・日・月・肉・雨」に始まり「臨時雑要字」に終わる160部の構成で、一部に意義分類を含む。当初、玄応『一切経音義』を改編して「三軸」としたものを、『玉篇』『切韻』及び『私記』により増訂、さらに『小学篇』『本草』を引用して12巻に増補したことが序文に記される。出典の明示は部分的だが、各項目の配列順序と注文の類似から引用箇所を特定できる。約2万1千の漢字、約3千の和訓を収める。

VOL.01

天部第一・日部第二・月部第三・肉部第四・雨部第五・气部第六・風部第七・火部第八

連火部第九・人部第十・亻部第十一

VOL.02

父部第十二・親族部第十三・身部第十四・頁部第十五・面部第十六・目部第十七

口部第十八・舌部第十九・耳部第廿・鼻部第廿一・齒部第廿二・心部第廿三

手部第廿四 ・足部第廿五・皮部第廿六

VOL.03

毛部第廿七 色部第廿八 疒部第廿九 言部第卅 骨部第卅一

尸部第卅二 女部第卅三 髟部第卅四 支部第卅五 力部第卅六

VOL.04

糸部第卅八 衣部第卅九 食部第四十 米部第四十一

网部第四十二 巾部第四十三 酉部第四十四 門部第四十五

VOL.05

馬部第四十五 牛部第四十七 角部第四十八 革部第四十九 丹部第五十

舟部第五十一 車部第五十二 瓦部第五十三 缶部第五十四 斗部第五十五

見部第五十六 鼓部第五十七 勹部第五十八 土部第五十九 石部第六十

VOL.06

山部第六十一 谷部第六十二 王部第六十三 玉部第六十四

田部第六十五 三水部第六十六 二水部第六十七 金部第六十八

VOL.07

木部第六十八 小学篇及本草木異名第六十九

草部第七十 小学篇字及本草木異名第七十一

VOL.08

禾部第七十二 耒部第七十三 竹部第七十四 鳥部第七十五 羽部第七十六

犭部第七十七 鹿部第七十八 豕部第七十九 豸部第八十 羊部第八十一

鼠部第八十二 虫部第八十三

VOL.09

龜部第八十五 鼈部第八十六 魚部第八十七 走部第八十八 斤部第八十九

而部第九十 囗部第九十一 亠點部第九十二 阝部第九十三 阜部第九十四

矢部第九十五 鬼部第九十六 韋部第九十七 之部第九十八 彳部第九十九

VOL.10

心行様故立心耳 扌部第百一 貝部第百二 广部第百三 厂部第百四

文尻八點部第百五 尤部第百六 大部第百七 犬部第百八 隹部第百九

四部第百十 方部第百十一 弓部第百十二 片部第百十三 戈部第百十四

弋部第百十五 刀部第百十六 矛部第百十七 癶部第百十八 文尻廾部第百十九

VOL.11

攵部第百廿 示部第百廿一 歹部第百廿二 立部第百廿三 戸部第百廿四

宀部第百廿五 穴部第百廿六 冖部第百廿七 刂部第百廿八 欠部第百廿九

虍部第百卅 黒部第百卅一 白部第百卅二 寸部第百卅三 皿部第百卅四

文下一點第百卅五 卜部第百二十六 鬥部第百二十七 黄部第百卅八 㐀部

鬲部第百卅九 龹𡗗部第百四十 文下木點第百四十一 首角部第百四十二

殳部第百三十三 品字様第百四十四 几部第百四十五 九部第百四十六

卯与卵二部第百四十七 㕛部第百四十八 豆部第百四十九 𦟀部第百五十

爪部第百五十一 辨辡部第百五十二 匕部第百五十三 麦部第百五十四

自部第百五十五

VOL.12

雑字第百五十七 重點第百五十八 連字第百五十九 臨時雑要字第百六十載九章